埋没法で綺麗になれる|アイメイクも自由に楽しめる

ウーマン

切開しないで二重に

女性の瞳

あまり腫れなくて済む

一重まぶたや奥二重の人が、二重に整形する際、切開法を行うとまぶたが腫れてしまいます。しかし、まぶたが腫れてしまうと周りの人に見られたくなくなりますし、忙しくて仕事など休めない人にとっては困ります。そこで、腫れが少ない整形の方法として埋没法があります。この埋没法は、メスを使わずに二重にできる施術で、忙しくて時間が取れない人におすすめの方法と言えるでしょう。手術後多少の腫れはありますが気になるほどではありませんし、1ヶ月程度で完全に腫れが引きますので、その間メガネをかけたりマスクをして過ごすとよいでしょう。手術をしてから、理想的な目になるまで少し時間はかかりますが、カウンセリングで自分が伝えた要望に近い目にはなります。もし、少しでも腫れを少なくしたいと思ったら、リラックスした状態で手術を受けることです。なぜなら手術するときに、ガチガチに緊張してしまいまぶたに力が入ってしまうと、麻酔の注射を打つときに内出血を起こすこともあります。ですので、まぶたには特に力が入らないようにリラックスするように心がけると、あまり腫れなくて済みます。ダウンタイムも短くなるので、効果が早くわかるようになります。

糸を使って二重に

埋没法は、髪の毛よりも細い糸を使ってまぶたを二重にします。そのため切開しないで済むので、二重まぶた手術の中でもとても人気が高い方法です。切開法と比べても患者の体にあまり負担がかからなくて済みます。しかも、切開法よりも安く手術を受けられます。スタンダードな方法は、まぶたの2個所を糸でとめます。まぶたの裏側からとめるので、傷跡が目立つことを気にすることはありません。しかも、手術にかかる時間は両目でだいたい10分程度で済むので、すぐに終わってしまいます。まぶたの幅を自由に決めることができ、事前のカウンセリングでどのような二重にしたいのかをじっくりと話し合って決めた上で手術を行いますので、理想的な二重になります。埋没法は、切開法とは違い、糸を使って二重のラインを固定しているだけなので、糸を切って元のまぶたに戻すこともできます。もし、二重にしたけれど元に戻したいと思ったら、いつでも元通りにできます。しかし、糸がとても細いので、まぶたを強くこすると糸が切れることもあるので、気を付けてください。普段の生活に気をつけて過ごせば、半永久的に二重の状態を保つことができます。リーズナブルで理想の二重にできるから、多くの人が手術を受けているのでしょう。