埋没法で綺麗になれる|アイメイクも自由に楽しめる

ウーマン

目を簡単に二重にする施術

注射器

とても手軽にできる施術

女性の多くは、パッチリとした二重まぶたに憧れていると言われています。目が大きいと、見た身に可愛らしく見えるからです。美容外科では、そんな望みをかなえる整形として埋没法が注目されています。この埋没法とは、まぶたに糸を埋めて二重のラインを作る手術のことです。具体的な施術法は、まず希望の二重ラインにまぶたの皮膚に直径1ミリほどの針穴を開けます。そして、その針穴にまぶたの裏側から医療用の糸を通して、糸に結び目を作っていきます。それで、皮膚の内側に糸を埋め込むように処理していきます。こうすることで、目を開ける時に動く筋肉と皮膚を糸によって連結できます。その結果、目を開ける時に皮膚が糸にひっぱられて二重になります。埋没法には、色々なメリットがあるといわれています。まずは、施術にかかる時間は10分から15分と非常に短時間で終わります。また、術後のダウンタイムも腫れや内出血が短期間、生じるだけです。それと、埋没法はメスを使わない施術なので、料金は他の施術に比べて安いです。クリニックによって金額の差はありますが、おおよその料金の目安は10万円前後です。とてもリーズナブルなので、気軽に施術を受けられます。

施術後の注意点

埋没法は、比較的、ダウンタイムが短いことで知られています。通常の施術では、1週間くらいで腫れや内出血は落ち着いてきます。しかし、医師のアドバイスに従わないと、腫れなどの症状が長引くことがあります。入浴や激しい運動など医師が良いというまで避けたほうがいいでしょう。なぜなら、入浴や運動で血行が良くなると腫れが目立ってしまう事があるからです。そのため、手術の後は、静かに落ち着いて過ごす必要があります。そして、氷枕をタオルにくるみ患部を軽く冷やすようにしましょう。しかし、あまり冷やし過ぎると、組織の回復が遅れるケースもあります。なので、時折休みながら、患部を冷やすようにするといいです。その他の注意点としては、寝る際は頭を心臓よりも高くしておくことが大事です。心臓よりも頭を低くすると、血液がまぶたにたまってむくんでしまいやすくなります。なので、休む時には、枕を高くして寝るなどの工夫をすることが大事です。これらを忠実に守りさえすれば、術後のダウンタイムが短くなります。そして、とても綺麗なまぶたに仕上がるでしょう。優良なクリニックの場合、ダウンタイム中のケアも行なってくれます。手術後、不安や疑問に感じた部分をすぐ相談する事ができるのです。クリニック選びの際には、手術後の通院の可否についても確認しておくと良いでしょう。