埋没法で綺麗になれる|アイメイクも自由に楽しめる

ウーマン

気軽に二重になれる整形

目元を触る女性

切開法との違い

美容整形では二重の整形が若い人に人気があり、特に埋没法を選ぶ人が多いです。埋没法は専用の糸を使って二重を作っていく方法となり、はっきりとした癖がつくのでその状態がしばらく維持できます。まぶたを切開して二重を作っていく方法もありますが、埋没法の方がメスを使わずに簡単に二重ができるため、選ぶ人が多いのです。糸を使った二重の作り方は、糸をまぶたに埋め込んでいき二重を一時的に作ります。その状態でまぶたに留めていくので、癖がつくようになります。糸は抜糸する必要もなく、しばらくすると体内に溶けていきます。跡が目立つようなことはなく、とても自然な二重が作れるのが埋没法の特徴です。美容整形で手術後に腫れが目立ってしまうのは気になりますが、埋没法であれば腫れはほとんどありません。メスを使わないので痛みもなく、経済的にもお得となっています。施術時間も短くて済み、何よりも気軽に受けられるのが一番の魅力です。しかし、埋没法は切開法と比べても、効果はあまり長く続きません。糸で癖を付けた方法では、平均しても2〜3年が限界です。効果を長く求めていきたい場合は切開法がおすすめですが、短い期間で効果が得られる方法もメリットはあります。それを十分検討していきながら、埋没法を選んでいくようにしましょう。

若い人に支持される理由

若い人が埋没法を求める理由は、費用が安く、肉体的な負担もほとんどないために支持されるようになりました。学生でも利用する人が目立ち、そのような人たちは本格的な整形よりも気軽に受けたい気持ちを優先させています。二重になれることがかわいい状態に近づけるので、美容の近道となるのです。若い女性の間では、二重を作れる化粧品が流行っています。これは一時的に二重を作るための化粧品ですが、テープやのりで強く二重の状態をキープしていくのでまぶたにはあまりよくありません。しかも毎日しなくてはいけないので、手間もかかります。楽な方法を考えれば整形で二重を目指すのが一番ですが、経済的な問題や術後の問題もつきまといます。それらを一気に解消してくれるのが埋没法で、若い人でも美容整形を受けられるメリットがあります。埋没法の登場で二重への憧れが実現できるようになり、これで初めて美容整形を受ける人も急激に増えてきました。それぐらい、美容整形への敷居が低くなったということになります。まぶたに優しい埋没法は、施術当日からもメイクは可能で、お風呂も入れます。二重を考えているけど、始めは埋没法で受ける人も実は少なくありません。切開法に少し抵抗のある人や、余裕がまだ持てない若い人には、埋没法がちょうどいい方法なのかもしれません。